Top >  プリスクールで英語を学ぶ >  プリスクール卒業後の英語学習は?

プリスクール卒業後の英語学習は?

818038_91703011.jpgプリスクールを卒業してからの進路はいくつかあります。インターナショナルではない限り、3月で一通りのカリキュラムが終了するようになっているので、4月からの進路先を公立の幼稚園に通うか、私立か、はたまたインターナショナルの幼稚園かなどと選択に悩みます。


それぞれのメリット、デメリットを書き出してみました。


●幼稚園に行って、英語はお稽古として週1回~2回通う
メリット・・・・費用が安い
       (但し、お稽古の回数によっては費用はそこそこかかります)
デメリット・・英語に接している時間がプリスクールのときに比べ極端に減るの
       で、英語力 維持のために、家庭学習や教材も必要になることがあ
       ります。


●幼稚園で英語を勉強する
(私立の幼稚園には英語の授業を行うところもあります)
メリット・・・・費用が安く(幼稚園の英語の授業がしっかりあれば他にお稽古に
       通う必要はないため)、幼稚園の中で行われるので通う手間が省
       けます。
デメリット・・英語の授業の頻度が少なければ、上記と同様に家庭学習や教材
       も必要になることがあります。


●インターナショナルの幼稚園に通う
メリット・・・・オールイングリッシュの環境のため、英語の上達を期待できます。
デメリット・・費用が高い(年間約100万くらい)、
       先生とのコミュニケーション・伝達事項も英語のためママの英語力
       がないと厳しい幼稚園もあります。
※実際に、インターナショナルの幼稚園に入れても、小学校入学の時期に同様に悩み、義務教育・経済的負担などの理由により公立の小学校に流れるご家庭が多いのが実情です。


412033_7146.jpg    873697_51364538.jpg




         

プリスクールで英語を学ぶ

関連エントリー

プリスクールとは? プリスクールを選ぶポイント プリスクールを選ぶポイント ~番外編~ プリスクールへ通わせたきっかけ ~ウチの場合~ プリスクールに通わせてみて思ったこと プリスクール卒業後の英語学習は?


← プリスクール 子供英語学習 topへ                    このページの一番上へ↑